決定!これが印刷通販会社のベスト5!チラシ印刷会社を価格&スピードで徹底比較

チラシ印刷のプロが選んだ会社はここ!

チラシ印刷通販 HOME » チラシ作りの前に知っておきたい印刷通販AtoZ » 6つの節約方法でチラシの印刷代を節約

6つの節約方法でチラシの印刷代を節約

コストの削減

チラシは幅広いターゲットにイベントやサービスのことを知ってもらえる非常に効果的な宣伝ツールです。ただ、大量のチラシを印刷するためにはそれなりのコストがかかります。

宣伝のためにお金を使いすぎて、その他の部分に影響が出てしまっては本末転倒。今回はチラシ印刷代を節約する6つの方法をご紹介します。

1.お得なチラシ印刷業者を利用しよう

必要なチラシが数十枚程度なら自宅や会社のプリンターを使ってチラシ印刷をすることも可能ですが、数百枚〜数千枚規模でチラシを必要とする場合はチラシ印刷業者を使ったほうが節約できます。

専門業者は短時間で高品質な印刷を仕上げるのが得意です。大量印刷なら割引もききますし、自社の人間を使って印刷やミスのチェックなどをしなくてよいので人件費も削減できます。

2.サイズを小さくする

チラシ印刷のコストカットの方法としておすすめしたいのが、「チラシのサイズを小さくする」ことです。

スーパーの特売チラシのように、ある程度のサイズが必要なチラシを除けば、基本的にチラシにそれほど大きなサイズの用紙は必要ありません。むしろ、大きな用紙だとかさばってしまい、内容を確認するために折り畳んだり開いたりする手間があるため内容に目を通してもらえる可能性が下がります。

チラシのような広告物は、配布してもほとんどが破棄されてしまうものなので、伝えたい情報を絞って用紙のサイズも小さくしましょう。用紙サイズが小さくなれば、同じ大きさの紙で多くのチラシを印刷できます。

3.目的に応じて紙質を調整する

設定次第で大幅にコストカットできるのが「紙質の調整」です。

高品質の紙や触り心地にこだわった紙より、薄くてほどほどの品質の紙を使ったほうが印刷コストは安くなり、大量に印刷してもかさばりません。もちろん薄い紙を選ぶとチラシが破れやすくなり、安っぽく見えてしまうというデメリットもありますが、そもそも多くのチラシに高級感は必要ないでしょう。

ただ、飲食店のメニュー表や店舗の外に設置する張り紙、ポスターなどある程度長い期間使うチラシを印刷する場合は、厚めの紙を使ってパウチ加工(ラミネート加工)してもよいでしょう。多少コストをかけてでも丈夫なチラシにしておけば、破れたり汚れたりして取り替える必要がなくなり、長い目で見るとコストダウンできるからです。

4.デザインデータを自分で作ってコストカット

チラシのデザインデータを業者に作成してもらうとデザイン料がかかります。一定のテンプレートデザインなら無料で利用できる印刷業者もありますが、無料で使える範囲内のデザインで十分かどうかは人それぞれ。

自分でデザインを作成すれば好きなだけこだわったデザインにでき、デザイン作成料としての追加費用がかかりません。

5.「モノクロ」にして節約

フルカラーのチラシは見た目が非常に美しいですが、印刷は必要な色数が増えれば増えるほど高くなってしまいます。印刷代の節約を重視するなら、多くても3色〜4色程度、できればモノクロでチラシデザインを仕上げましょう。白黒印刷なら黒のインクしか使わないため、印刷コストを抑えることができます。

6.業者を利用するときは長めの納期で注文する

激安価格で利用できるネットの印刷業者は、大型印刷機を持つ日本各地の印刷業者と契約し、業務時間外や印刷の予定が入っていないときに印刷させてもらってコストを抑えているというケースが少なくありません。納期まで余裕がないと特急料金でチラシ印刷を頼むことになります。早めにデザインを用意し、余裕をもった納期で依頼すれば印刷コストを抑えられるでしょう

当サイトおすすめの印刷通販

1位

様々な商品に用意されている“激安プラン”が魅力。
スピード対応も可能で、デザイナーや広告会社といったプロユースの期待にしっかりと応えてくれます。

詳細をチェック

2位

この業界のパイオニアで知名度抜群。商品は総じて低価格で新しい商品やアイテムも豊富。
その信頼感から、ひいきにしている業者も多いです。

詳細をチェック

2位

当日発送には対応していないが価格は比較的おさえめ。
大量発注に対応可能で、印刷業者の下請けもしています。

詳細をチェック