決定!これが印刷通販会社のベスト5!チラシ印刷会社を価格&スピードで徹底比較

チラシ印刷のプロが選んだ会社はここ!

チラシ印刷通販 HOME » チラシ作りの前に知っておきたい印刷通販AtoZ » 印刷通販でどのくらいコスト削減できる?

印刷通販でどのくらいコスト削減できる?

印刷通販と地元印刷会社との違いを価格差や見積りの取り方、注文や支払い、入稿方法などをもとに比較検討しました。

徹底比較!印刷通販VS地元の印刷会社

印刷機

印刷通販の利便性やメリットを知るには、やっぱり通常の印刷会社と比較してみるのが1番でしょう。ここでは価格差や見積もりの取り方、注文方法、支払い、入稿方法といったそれぞれの項目で比較検討してみました。

  印刷通販 地元の印刷会社
価格 インターネット上で注文から入稿、納品まで完結するので余分なコストがかからない。そのため通常の印刷会社よりも20%〜30%は確実に安くなります。 営業担当者がいる場合といない場合でも異なりますが、人件費がかかる分割高に。名刺など得意とする商品がある場合やお得意様だと割安になることもあります。
見積もりの取り方 基本的には印刷通販のホームページに料金が掲載されている。特殊加工する場合や掲載されていないロットについてはメールで問い合わせて回答を得ることになります。 電話やメールで営業担当者に依頼。内容によっては見積もりの回答に数日時間を要することもあります。
注文・支払いの方法 ホームページ上のフォーマットに従い、印刷仕様や納品日、数量などを指定して注文が完了。支払いは注文後、銀行振込やクレジットカードにより決済を行ないます。最近では、印刷通販でも売り掛け対応可のケースもあります。 営業担当者に、印刷仕様や納品日、数量などを直接オーダー。支払いについては前払い・納品後など、印刷会社によって様々。取引があれば売り掛けで後日請求の場合が多いです。
入稿方法 Web、メール添付、ファイル便、メディア送付が一般的。ネット上で入稿できるので簡単便利。 メール添付、メディア送付や営業担当者がメディアを引取り

コストを考えるとやっぱり印刷通販

ネット系の印刷通販は人件費が削減できる分、コスト面で圧倒的に有利。通常の印刷会社への発注に比べて確実にコストダウンができます。

入稿データの作成や入稿方法などの手間はかかるが、慣れてしまえばそれほど難しいことではありません。

やっぱり価格差を考えると、ちょっとした手間なら印刷通販が人気なのも頷けます。

印刷通販で印刷コストを削減できる5つの場面

地味にかさむ印刷コストを削減する方法は、「1枚あたりの印刷コストを安くする」か「印刷枚数を減らす」のどちらかです。

ここからは、印刷通販を導入するとどのような場面でコストカットができるのか、5つの具体例をご紹介していきます。

名刺づくりを印刷通販に切り替えてコストカット

名刺は、社員を営業に出すために必須のアイテムです。

社員の入社時に大量に印刷しておけば、しばらくの間名刺切れというトラブルは避けることができますが、人事異動による役職の変更や社員の結婚・離婚による姓の変更があると在庫を破棄して印刷し直さなければなりません。

職種等によって使用する名刺の枚数は違いますし、いつ内容が変わるかわからない名刺のストックを社内に置いておくのもスペースの無駄。

ストックを最小限にするためには、名刺がなくなりそうになったら発注するというのが理想的です。

ただ、印刷完了までに時間のかかる地元の印刷会社では、急に名刺が必要になったときに対処できません。

どの会社やサービスで名刺をつくるか社員の裁量に任せている企業もありますが、利用する印刷サービスが違えば納期や名刺の仕上がりも違うので困ります。

その点、社員の名刺を特定の印刷通販に頼むようにすれば、多くの問題が解決するのです。

印刷通販では、追加料金なしで当日出荷に対応してくれるところも少なくありません。会社の所在地によっては、発注した翌日に届くので、余計な名刺のストックをもつ必要がないのです。

新入社員が加入する時期など、まとまった枚数が必要な場合は大量注文で印刷コストをさらに下げることもできます。

データ入稿にしておけば情報の修正も簡単ですし、名刺データの管理も容易です。印刷通販を使えば、印刷の手間を省きつつ、社内のスペースと印刷コストをカットできるでしょう。

社内マニュアルは印刷通販に丸投げしよう

仕様書

社員の研修や教育に利用する社内マニュアルの作成も、印刷通販を利用することでコストカットすることができます。

社内マニュアルのように簡単な資料のまとめであれば、地元の印刷会社を使うまでもなく、自社内のプリンター等で印刷しているという企業も少なくありません。

しかし、印刷物の多くを印刷通販で印刷してしまうようになれば、社内にあるプリンターやコピー機、トナー、コピー用紙といった備品を使う必要がなくなるのです。

プリンターやコピー機の台数を減らせば保守点検にかかる費用も削減できますし、電気代や各種消耗品の購入費も減らせます。

当然、それまで印刷関連の機器や消耗品を置いていたスペースも空くので、空間を有効活用できるようになるでしょう。

また、印刷通販なら印刷物の仕上がりもよく、カラーでも大して値段が変わらないため、トナーやインクが切れかけて内容が掠れ、見づらくなってしまったり、印刷コストを抑えるために白黒印刷にこだわったりしなくてよいです。

マニュアルの修正も、入稿用の元データさえ残しておけばいつでもできます。社内マニュアルが紛失したり、破損したりしても再度印刷通販に発注をかけるだけでマニュアルを修復できるのです。

印刷したマニュアルを冊子化して送ってもうらようにすれば、社員を使って資料をファイルに綴じさせたり、ホチキスやクリップでまとめさせたりする必要もないので、人件費のカットにもつながります。

営業資料を外注化すれば営業の負担も減る

取引先に見せる営業資料は、ギリギリまで内容を作り込みたいもの。しかし、地元の印刷会社を頼ると書類が出来上がるまでに時間がかかり、自社のプリンター等を使うとよい仕上がりになりません。

また、社内で営業資料を印刷すると、社員が自分で資料をホチキス留めしたり、製本したりする必要があります。

早く、安く、そしてホチキス留め等のオプションまで対応してくれる印刷通販なら、営業資料の印刷に関する雑事のすべてをカットできるのです。

営業資料は、内容がよくても印刷した紙の質が悪かったり、インクが掠れていたりすると、見栄えがよくないので顧客の目を引けません。

品質を第一に考えた上で、印刷コストをカットするなら印刷通販の利用が一番です。

印刷通販で日々の会議資料をコストカット

毎日のように行われる社内会議やプレゼンで配布している会議資料は、多くの会社が自社内で印刷しています。

ただ、大量に印刷している会議資料は、書き込み等もされずに廃棄されることが少なくありません。議事録はべつに取っているはずですし、もらった資料を隅々まで読み込む人ばかりではないでしょう。

議題に関する質問や考察、問題点などは別途メモにまとめればよいので、必ずしも会議の参加者全員に会議資料を印刷して配る必要はないのです。

会議資料を印刷通販で印刷するようにすれば、無駄な会議資料を印刷したくないという心理が働きます。

会議を開くのに印刷代という明確なコストが必要になれば、無駄な会議が減り、印刷数が減って印刷コストも削減できるのです。

日常的な会議の資料はPDF等のデータ形式で配布・共有し、重要な会議の資料だけ印刷するようにすれば印刷の手間もかかりません。

また、印刷通販では、発送のことを考えれば会議の前日までに発注をしておかなければならないので、余裕をもったスケジュールで会議の資料作成をする習慣づけができる、というメリットもあります。

経理や事務作業で使う紙を社内で統一!一括注文でさらに安く

経理や事務作業等で使う書類は、印刷通販に任せましょう。

部署を問わず共通で使用する書類であれば、社内の必要分をまとめて発注することで、ただでさえ安い印刷通販の印刷コストをさらに安くすることができるからです。

印刷通販なら、前回どの書類を何部印刷したのかも注文履歴から確認できるので、ストックの管理も簡単になるでしょう。

特定の書類だけを印刷しすぎてしまったり、逆に特定の書類が足りずに追加で印刷したりする経験を通して大量発注の数を調整していけば、無駄な印刷物を減らすことができます。

ネットの印刷通販ではワードやエクセルのデータで入稿することもできるので、社内印刷や地元の印刷会社への発注から切り替えるのも簡単です。

印刷通販の利用をきっかけに社内文書のデータ化を行っておけば、災害等が起きたときも書類の回収が楽になります。

印刷通販を使って書類印刷を外注化すれば、社内の印刷コストを減らすだけでなく、印刷に関する手間も大きくカットできるでしょう。

コストの削減にとても便利な印刷通販ですが、当然のことながら業者によってサービスや料金には違いがあります。

業者ごとの得意分野や使い勝手のよさを知りたい人は、ぜひ当サイトが厳選したおすすめ印刷通販ランキングを参考にしてください。

おすすめの印刷通販5選はコチラ

当サイトおすすめの印刷通販

1位

様々な商品に用意されている“激安プラン”が魅力。
スピード対応も可能で、デザイナーや広告会社といったプロユースの期待にしっかりと応えてくれます。

詳細をチェック

2位

この業界のパイオニアで知名度抜群。商品は総じて低価格で新しい商品やアイテムも豊富。
その信頼感から、ひいきにしている業者も多いです。

詳細をチェック

2位

当日発送には対応していないが価格は比較的おさえめ。
大量発注に対応可能で、印刷業者の下請けもしています。

詳細をチェック