決定!これが印刷通販会社のベスト5!チラシ印刷会社を価格&スピードで徹底比較

チラシ印刷のプロが選んだ会社はここ!

チラシ印刷通販 HOME » チラシによる集客の基礎知識 » 業種別の効果的なチラシの作り方と集客方法を紹介

業種別の効果的なチラシの作り方と集客方法を紹介

デリバリー飲食、子供から大人まで幅広い年代を対象にした習い事やスクール、スポーツクラブなどの業種は、チラシの配布による集客効果が期待できると言われています。

業種別に効果的なチラシの作り方と集客方法を見ていきましょう。

 

 

習い事やスクールのチラシ集客方法

まずは習い事やスクールのチラシによる集客方法を見込み客別に見ていきましょう。

見込み客を絞り込む

0歳児から始められる水泳スクール、小学生からの塾、予備校、大人向けの習い事など、一口にスクールといってもさまざまなものがあります。

このように、習い事やスクールでは、見込み客が限られていることが多いです。 チラシを作る前に、まずは自分の事業がどの年代のどのような人を対象にしているのか絞り込みましょう。

子供向けには見ただけでワクワクするものを

子供向けのスクールで効果的なチラシを作るときには、「チラシを見ただけでワクワクする」ということを心がけましょう。かわいらしいキャラクターやポップなカラーリングを用いて、大人だけではなく子供も読めるように漢字にはふりがなをふっておきます。

母親が抱える不安を解消できるものも

子供向けのスクールでは、チラシを見る対象は子供とその親ということになりますが、習い事で主導権を握るのは主に親です。

デザインは子供向けに、広告文は母親向けにしましょう。 子供の学力や身体面に対して母親が抱える不安を解消できるものが望ましくなります。

スクールに通っている実際の生徒の声や母親の声をチラシに掲載するのも効果的でしょう。

チラシでアピールすることは、「少人数レッスン」「〇〇式勉強法」などのスクールのシステムではなく、「スクールに通うことでどのような効果が出るのか」という部分です。チラシ内で費用、期間、効果を明確にしましょう。 チラシによるキャンペーンも同時に行うと効果的です。

チラシ持参で「入会金半額」、「無料体験レッスンあり」など、魅力的なチラシキャンペーンを展開しましょう。

大人向けには習得できるものを明確に

大人向けのスクールでは、最初にゴール地点を定め、何を習得できるかを明確にします

ハンドメイドのスクールであれば、材料費と作って持ち帰ることができるものを前面に押し出します。知識をたくわえるスクールなら、かかる期間と教材費や受講料、習得できる知識と教材を書き記しましょう。

チラシにはクーポン券をつけ、ポスティングだけではなくスクール周辺の飲食店等においてもらい、人の目に留まる回数を増やすとより効果的です。

スポーツクラブのチラシ集客方法

次に、スポーツクラブのチラシ集客に欠かせない方法についてご紹介します。

女性の目を引くトレンド感を

スポーツクラブのチラシを届ける対象となるのは主に女性です。特に20〜40代までの女性が対象になるフィットネスのチラシは、女性の目を引くトレンド感を取り入れましょう。

まずは女性の集まる「SNS」のトレンドを追いかけてみてください。ヒップアップ、くびれ、美脚など、体のどの部分を鍛えることがトレンドなのかを知ることができれば、そこに集中させた広告を作ることができます。

モデル写真を上手に使い、視覚に訴えましょう。

季節に合わせてキャッチコピーを変える

スポーツクラブのキャッチコピーは、季節に合わせて変えていきましょう。四季を連想させる言葉と、体を鍛えるべき理由を盛り込むのです。

例えば、お正月太り解消、水着に向けてくびれ作りといった風に、季節ごとに訪れる体の悩みに沿ったキャッチコピーにしましょう。

さらに女性を対象にするチラシ広告では、手書きフォントが効果的とされています。

全て手書きにするとかえって見づらくなってしまいますから、特に目立たせたいキャッチコピーだけを手書きにするといいでしょう。

チラシ配布地域は商圏にあるオフィス街を狙う

性別問わず、スポーツクラブは仕事帰りに訪れる人が多くなっています。また、金銭的にある程度のゆとりがある層でなければ通い続けることができません。

よって、より集客効果の見込める地域を狙うために、スポーツクラブの商圏にあるオフィス街に集中してチラシを配布しましょう。

チラシによるキャンペーンもおすすめ

スポーツクラブのチラシ集客では、季節感のあるキャンペーンを展開するとより効果的です。 「夏目前キャンペーン!」や「年末年始お年玉キャンペーン」などと銘打って、チラシ持参で入会金30%オフ、半額、無料といったようにさまざまなキャンペーンを展開してみましょう。

デリバリー飲食のチラシ集客方法

チラシによる集客は、デリバリー飲食でも効果的に行えます。とはいえ、いつも同じような広告や単にメニューを羅列しているだけではせっかくのチラシ効果も薄まります。

デリバリー飲食においてよりキャッチーなチラシの作り方をご紹介します。

売り出したいメニューの順番をきめる

個人のデリバリー飲食でよく見られるのが、お店のメニュー表のように「全て同じ大きさのメニュー写真」を並べただけのシンプルなものです。

これは電話注文の際にわかりやすくという心遣いでもあると思いますが、チラシは消費者の視覚に訴えるための広告です。

ですから、「見た瞬間に食べたくなる」という工夫が飲食のチラシには必要になります。

そのためにもまず、売り出したいメニューを3つほど出し、そのメニューの写真を表面に大きく使って視覚に訴えましょう。 裏面は今まで通り、注文しやすさを重視したメニュー表にすると親切です。

食欲をかきたてる「しずる感」を出す

しずる感とは、食欲をかきたてる食品のみずみずしさを表現したものです。 アツアツ感を出したい時には湯気で演出し、ジューシーさを強調したい時には肉汁の溢れる様を写真に収めるといったように、「目の前に食べ物がある」かのような写真を使用しましょう。 特にデリバリーは、「食べたい時に電話一本で食べられる」のが魅力です。集客につなげるためには、今すぐ電話してこれを食べたいという気持ちにさせる工夫をしましょう。

時には長く使えるリーフレット型も

デリバリーのチラシでは、長く使えるリーフレット型も効果的です。

いつまでも手元に残り、使いたいときに使えるリーフレット型にしておけば、チラシを配布したときだけではなく長く効果を持続させることができるでしょう。

そのためには、厚手の上質な紙を使用し重厚感のある仕上がりにしなければいけません。

チラシ配布のたびにリーフレット型にする必要はありません。数ヶ月または半年に1回はリーフレット型にするのがおすすめです。

時間帯は「午前中」がおすすめ

デリバリー飲食のチラシをポスティングするときには、時間帯にも気を配ってみましょう。ご飯を食べたばかりで満腹な時ではなく、お腹が空いているであろう時間帯を狙います。

特におすすめの時間帯は「午前中」です。お昼を一人で済ませる主婦や高齢者をピンポイントに狙い、チラシによる集客効果を高めましょう。

当サイトおすすめの印刷通販

1位

様々な商品に用意されている“激安プラン”が魅力。
スピード対応も可能で、デザイナーや広告会社といったプロユースの期待にしっかりと応えてくれます。

詳細をチェック

2位

この業界のパイオニアで知名度抜群。商品は総じて低価格で新しい商品やアイテムも豊富。
その信頼感から、ひいきにしている業者も多いです。

詳細をチェック

2位

当日発送には対応していないが価格は比較的おさえめ。
大量発注に対応可能で、印刷業者の下請けもしています。

詳細をチェック