決定!これが印刷通販会社のベスト5!チラシ印刷会社を価格&スピードで徹底比較

チラシ印刷のプロが選んだ会社はここ!

チラシ印刷通販 HOME » チラシによる集客の基礎知識 » チラシのポスティングの費用対効果を検証するためのポイント3つ

チラシのポスティングの費用対効果を検証するためのポイント3つ

チラシのポスティングをするとき、やみくもにただ配るだけでは意味がありません。ポスティングの費用に見合うだけの効果が得られたのか、きちんと検証する必要があります。

チラシ広告をポスティングした後、どれだけ集客に繋がり効果を得たのか、その検証のためにやっておくべき3つのポイントについて見ていきましょう。

ポイント1. チラシがターゲットに届く仕掛けをつくる

チラシのターゲットから配布地域を考える

無差別に地域を選定しチラシをポスティングしても、容易に効果は得られません。商品やサービスによって、それを欲する人の年代や性別も異なるからです。

例えば、「高齢者のためのマンション」の販売チラシを若年層が暮らす地域に配布したり、マンション購入が難しい住民の多い地域に配布しても効果は見込めませんよね。

つまり逆に言えば、ターゲットを明確にし、配布する地域を絞ればチラシのポスティング効果はより高めていくことができます。

「高齢者のためのマンション」の販売チラシをポスティングするなら、大きな戸建てが並び、高齢化が進んだことで空き家も増えてきている閑静な住宅街に配布するというようにターゲットを設定すると高い効果が得られるでしょう。

反響率を調べるための「しかけ」をする

チラシの費用対効果を調べるためには、「チラシを見てきた」という証拠が必要になります。

例えば来店用クーポンをつけたり、チラシを見た顧客専用の電話番号やメールアドレスなどの問い合わせ先を設定しておくとわかりやすいですね。

ポイント2. チラシの反響率を調べる

配布したチラシに対する反応数が同じ10人でも、ポスティングしたチラシの枚数が違えば「ポスティングの効果が異なる」ことが数値化され、とても分かりやすくなります。

反響率=反応のあった件数×ポスティングしたチラシの枚数

反響率は、

チラシに反応のあった件数×実際にポスティングしたチラシの枚数

で計算することができます。

この時、電話、メール、クーポンなど反応媒体別でも計算しておくといいでしょう。広告が届く層はどのような方法でコンタクトを取るのかがわかると、その先の営業方法にも反映させることができます。

チラシの反響率のデータを蓄積する

チラシのポスティング効果を検証するためには、1度だけのポスティングデータではデータ数が足りません。

ポスティングする季節や地域を変えて、それぞれの反響率を算出しデータとして蓄積しておきましょう。

ポイント3. ポスティングの効果を分析する

集めたデータをもとにポスティングの効果を分析しましょう。

ポスティングの反響率データと総費用から、ポスティングの費用対効果を改めて検証します。

チラシのポスティングにかかった費用を計算する

チラシのポスティングにかかった費用を合計してください。デザイン、印刷、配布人件費などといった費用です。

いくらチラシの反響率が良くとも、費用がかかりすぎているのではコストパフォーマンスに優れた広告とは言えません。

ポスティングデータをグラフ化する

ここまでのデータをグラフにし、チラシのポスティングによる費用対効果を可視化し社内グループで共有しましょう。

ポスティングを行った月ごとに、かかった費用を縦棒、反響率を折れ線にし、1つのグラフにまとめます。

さまざまな地域でポスティングを実施したのであれば、地域ごとのグラフが出来上がり、より細かな検証ができるでしょう。

グラフを元にチラシのポスティング効果を検証する

チラシのポスティングによる費用や反響率をグラフで可視化した後は、次の4つを重点的に見ながら検証してください。  

  1. 1.費用は適切だったか
  2. 2.配布地域は適切だったか
  3. 3.顧客からの反応はどんな方法だったか
  4. 4.更に効果を上げるためにできることはないか

これらのデータをもとに社内で協議し、チラシのポスティングによる費用対効果をさらに上げていきましょう。

当サイトおすすめの印刷通販

1位

様々な商品に用意されている“激安プラン”が魅力。
スピード対応も可能で、デザイナーや広告会社といったプロユースの期待にしっかりと応えてくれます。

詳細をチェック

2位

この業界のパイオニアで知名度抜群。商品は総じて低価格で新しい商品やアイテムも豊富。
その信頼感から、ひいきにしている業者も多いです。

詳細をチェック

2位

当日発送には対応していないが価格は比較的おさえめ。
大量発注に対応可能で、印刷業者の下請けもしています。

詳細をチェック