決定!これが印刷通販会社のベスト5!チラシ印刷会社を価格&スピードで徹底比較

チラシ印刷のプロが選んだ会社はここ!

チラシ印刷通販 HOME » チラシによる集客の基礎知識 » ウェブ集客とチラシ(紙)集客、それぞれの特徴を徹底比較

ウェブ集客とチラシ(紙)集客、それぞれの特徴を徹底比較

オンラインのサービスに対して集客を行いたいのであればインターネットでの宣伝が有効ですが、ターゲットがはっきりしているお店や商品の宣伝はチラシを配布するのが有利です。

それぞれの集客方法のメリット、デメリットなどについて解説いたします。

 

こういう場合はウェブが有利

オンラインで購入できるサービスや商品を宣伝する場合

インターネット上で商品を購入したり会員登録できるのであれば、ウェブでの宣伝は有利です。ウェブ広告をクリックして購入するのは、電話注文や店舗に出向くよりも敷居が低くなります。電話で申し込むテレビショッピングよりも簡単に購入や登録ができるのです。

多くの情報を付加したいとき

関連ページをつくればたくさんの情報を伝えることができるのが、ウェブ媒体の魅力です。 チラシであればページの中に収まるくらいの情報量しか盛り込めません。その点、ウェブであれば商品に関する情報や口コミなど、それぞれのページをリンクしていくことでたくさんの情報を相手に伝えることができます

ウェブ広告の欠点は?

まず一目で魅力を伝えないと次につながらない

ウェブ広告の欠点は、チラシよりも目に留まりにくい傾向にあることです。見逃しを防ぐためには工夫が必要で、まず一目見た時に興味をそそるような広告を作らなければいけません。

紙のチラシはこんな時に有効!

誰に配りたいかはっきりしているとき

配る日時や場所でターゲットを絞れる場合はチラシが有効です。たとえば、塾の宣伝をするのであれば学生や保護者がよく集まる模試会場などでチラシを配るのがセオリーですね。宣伝をしたい層がはっきりしていて、無駄なく配れる環境があるのであれば、チラシを配布するのが最も効果的です。

繰り返し見てもらいたいとき

受け取ったチラシを手元に残したくなる工夫を加えることで、知らせたい情報を繰り返し見てもらうチャンスになります。たとえばお店や商品の情報と一緒にお得なクーポンがついているなどがこれに当たるでしょう。紙媒体で残っていると思い出しやすくなるため、集客効果は倍増します。

チラシ(紙)の欠点は?

チラシは情報に限りがある

紙媒体の場合、紙に収まる範囲内で最大限に情報を伝えなくてはいけません。チラシというと、新聞折込サイズの場合は新聞一面分の半分のサイズ(273mm×406mm)が基本になります。この限られたサイズの中で多くの情報を盛り込みたいと思っても、文字だけにしては目に留まりにくく、写真を多くすれば説明不足になってしまいます。

限りあるサイズの中で、どうすれば一番効果的に宣伝ができるのか、工夫が必要となるでしょう。また、チラシの紙自体が無くなってしまうと、情報が伝えられなくなってしまいます。チラシ管理の手間がかかることも、欠点といえるでしょう。

チラシとウェブそれぞれのコスト

低コストなのはウェブ

パソコンとインターネット環境があればウェブでの集客はしやすいです。無料でできることが多くあります。ただ、本格的に人を集めたいと思ったら検索への対策やセキュリティの問題などをクリアする必要があるので、専門的な知識も必要になります。

自作するのが簡単なのはチラシ

自分でチラシをデザインし、自宅でコピーをすれば、簡単にチラシを作ることができます。ただし用紙代やインク代はかかるので、大量に印刷する場合には、印刷会社に頼む方が簡単な場合もあります。デザイン、印刷など、どこまで自分で行うかについては、枚数やコストを考えて決めていくとよいですね。

当サイトおすすめの印刷通販

1位

様々な商品に用意されている“激安プラン”が魅力。
スピード対応も可能で、デザイナーや広告会社といったプロユースの期待にしっかりと応えてくれます。

詳細をチェック

2位

この業界のパイオニアで知名度抜群。商品は総じて低価格で新しい商品やアイテムも豊富。
その信頼感から、ひいきにしている業者も多いです。

詳細をチェック

2位

当日発送には対応していないが価格は比較的おさえめ。
大量発注に対応可能で、印刷業者の下請けもしています。

詳細をチェック