決定!これが印刷通販会社のベスト5!チラシ印刷会社を価格&スピードで徹底比較

チラシ印刷のプロが選んだ会社はここ!

チラシ印刷通販 HOME » チラシによる集客の基礎知識 » チラシ作りの際にキャッチコピーで集客効果を高める3つのポイントについて解説

チラシ作りの際にキャッチコピーで集客効果を高める3つのポイントについて解説

集客効果を得られるキャッチコピーとは

チラシを作る上で、デザインや写真など重要な要素はたくさんありますが、やはりキャッチコピーはもっとも重要な要素なのではないかと思います

ここでは、集客につながるキャッチコピーにはどういったものがあるか、について考えてみましょう。

具体性のある表現を意識する

キャッチコピーはチラシの中でも存在感があるので、ユーザーはキャッチコピーを見て、そのチラシがどういったものであるかを瞬時に判断します。

そのため、ユーザーの興味を引くキャッチコピーであればすぐに集客効果が期待できますし、逆に興味を引かない場合はほかの部分に目を通してもらうことすら厳しくなってしまうのです。

このため、キャッチコピーを作成する際は、このチラシはどういった内容が記載されていて、ユーザーにとってどんなお得があるかを伝えられる表現を用いることが望ましいです。

例えばアパレル販売業でSALEのチラシを作る場合、「SALE開催!」とだけ記載しても、どんな商品がどのくらい安く販売されるのかがわかりません

コートが50%オフ、スーツが30%オフなど、そのお店で1番の目玉商品についての情報をキャッチコピーにすれば、その商品をほしいと思っていた人や興味のある人の目を引き、「ほかにはどんな商品が安いのかな」、とチラシ全体に目を通してくれ、さらに実際にお店に足を運んでくれます。

「何か得がある」ことを前面に出すキャッチコピー

もし自分だったら、どんなチラシを見たときに興味を引くかを考えてみましょう。

以前から自分が気になっていたジャンルのチラシだということも興味を引きますが、まずは「何かお得がある」とわかると、ちょっと行ってみようかな、利用してみようかなという気持ちになるのではないでしょうか。

キャッチコピーはそのチラシのイメージを決定づけるもっとも大きなポイントとなりますので、キャッチコピーの中にはチラシを見ることで、「必ずお得がある」ということがすぐにわかるような要素を取り入れるようにしましょう。

安く購入できる、割引で利用できる、プレゼントがついてくるなど、チラシを打つ際の目玉として用意しているものを前面に出したキャッチコピーを考えてください。

「このチラシにはお得情報があります」ということがわかりやすいようなキャッチコピーがおすすめです。

画像とキャッチコピーの内容を合わせる

チラシにいくつかの要素を取り入れる場合、必ずしもキャッチコピーとチラシの内容が一致しないことがあります。

例えば、エステのチラシを作る場合、フェイシャルと痩身どちらも掲載する場合は、同じエステでも施術内容や目的はかなり変わってきます。

このとき、キャッチコピーではサロン的に押したい施術内容について取り上げるのが望ましいですが、この時必ずチラシに使用する画像も同じ内容の画像を使いましょう。

目玉になる施術が痩身なのに、フェイシャルの画像がきれいだからといって採用すると、キャッチコピーと画像がちぐはぐになってしまいます。

痩身施術をキャッチコピーに持ってくるなら、メイン画像も痩身に特化した画像を使用するなど、統一感をもたせることが大切です。

当サイトおすすめの印刷通販

1位

様々な商品に用意されている“激安プラン”が魅力。
スピード対応も可能で、デザイナーや広告会社といったプロユースの期待にしっかりと応えてくれます。

詳細をチェック

2位

この業界のパイオニアで知名度抜群。商品は総じて低価格で新しい商品やアイテムも豊富。
その信頼感から、ひいきにしている業者も多いです。

詳細をチェック

2位

当日発送には対応していないが価格は比較的おさえめ。
大量発注に対応可能で、印刷業者の下請けもしています。

詳細をチェック