決定!これが印刷通販会社のベスト5!チラシ印刷会社を価格&スピードで徹底比較

チラシ印刷のプロが選んだ会社はここ!

チラシ印刷通販 HOME » チラシによる集客の基礎知識

チラシによる集客の基礎知識

チラシ広告を受け取る男性

広告にも様々な種類がありますが、大きく分けると、欲しい人が調べに来る「受けの広告」と、ある程度の人数の中からターゲットへ伝えようとする「攻める広告」の2種類があります。

受けの広告はウェブが該当し、すでにサービス利用を検討している人がサイトに検索などで訪れます。一方、不特定多数へ攻めるのがテレビやラジオの広告で、元々情報を求めていなかった人に宣伝をする方法です。

 

受けの広告だと宣伝範囲を広げるのは難しく、テレビやラジオなどを使った攻める広告は宣伝効果が大きい反面、高額な費用がかかります。

チラシ広告は攻める広告に該当しますが、受ける広告・攻める広告両方の良さを持つ丁度中間の性質を持っており、自分で広告範囲を広げることができるうえ、テレビやラジオよりも費用を抑えることができます。

チラシの反応率は業種や内容によっても異なりますが、1%にも満たないと決して高くはありません。しかし、ターゲットを明確にしたチラシをつくり、配布範囲を対象層にしぼることで反応率を上げることが可能です。

チラシの宣伝方法も様々ですが、年々購買量が減少しているとはいえ、一般的にはポスティングよりも新聞折込の方が手にとってもらいやすいです。「見ようと思っている新聞」の中に入っているチラシと、開けたら入っていたというポストのチラシでは見てもらえる確率が異なるからです。

ただ、とにかく多くの人に見てもらいたい場合は、ポスティングの方が新聞購読者以外にも行き渡るため、ターゲットや費用との兼ね合いでポスティングの選択をすることもあります。

他にも小さめのフライヤーを関係のあるお店に設置するなど、工夫次第で配布費用を抑え、かつターゲットをピンポイントにすることもでき、状況により方法を変えられたり小回りが効くところが他の広告とは違う特徴です。

ウェブ集客とチラシ(紙)集客、それぞれの特徴を徹底比較

ウェブ広告は情報の修正追加がすぐに対応でき、見ている人が気軽に購入しやすい反面、様々な情報があるネットの中では埋もれてしまいがちです。

一方チラシは自分で原本をつくること簡単に印刷して広告することができ、配布数でコストを調整することも可能です。

紙面に記載できる情報に限りがあるため、一目で告知したい内容が伝わる広告を作成するのがチラシ集客のポイントです。

 ウェブ集客とチラシ(紙)集客、それぞれの特徴を徹底比較

チラシのポスティングの費用対効果を検証するためのポイント3つ

チラシの費用対効果検証のポイントは1.目的の対象相手に届けること、2.反響率の確認、3.効果の分析、この3つを繰り返し行うことです。

専用の連絡先を設定するなどして、チラシを見て問い合わせをくれたことがわかるようにしておき、反響率を計算します。

一度きりのポスティングでも費用対効果は計算可能ですが、配布対象が適切でなかった場合もありますので、配布時期や対象を変更して何度か試しポスティング効果が高い条件を分析します。

条件別に比較していくこと、そして、グラフなど他の人が見てもすぐにわかるように統計をとり、他の人とポスティングの反響率を共有することも重要です。

チラシのポスティングの費用対効果を検証するためのポイント3つ

業種別の効果的なチラシの作り方と集客方法を紹介

業種によって効果的なチラシの作り方は違います。

ターゲットにしたい層にアピールするにはチラシの中で「何をメインにもってくるか」を考えることが重要です。

キャッチコピーや文章の書き方、告知したい内容の並べる順番など、サービスを受けることでターゲットにどのようなメリットがあるのかを重点に考えるだけで、チラシの効果は劇的に変わります。

具体的な業種の事例で集客方法を考えてみましょう。

業種別の効果的なチラシの作り方と集客方法を紹介

きれいな印刷ができるチラシデザインのコツ7つ

きれいなチラシかどうかは、集客効果に大きく影響します。

チラシの中で情報がまとまらずに散らかっていると、ぱっと見た時に伝わりくいだけでなく、サービス内容も乱雑に感じてしまいます。

きれいな印象を持たせるチラシのレイアウトのコツは基本の4つ、上級テクニックで3つあります。

基本は情報の整頓、左揃え、関連項目のグループ化、書体の統一化です。

上級テクニックとして、色の強弱、余白の利用、視点の移動を考えて広告内容の配置をするとグッと読みやすくなります。

きれいな印刷ができるチラシデザインのコツ7つ

当サイトおすすめの印刷通販

1位

様々な商品に用意されている“激安プラン”が魅力。
スピード対応も可能で、デザイナーや広告会社といったプロユースの期待にしっかりと応えてくれます。

詳細をチェック

2位

この業界のパイオニアで知名度抜群。商品は総じて低価格で新しい商品やアイテムも豊富。
その信頼感から、ひいきにしている業者も多いです。

詳細をチェック

2位

当日発送には対応していないが価格は比較的おさえめ。
大量発注に対応可能で、印刷業者の下請けもしています。

詳細をチェック