決定!これが印刷通販会社のベスト5!チラシ印刷会社を価格&スピードで徹底比較

チラシ印刷のプロが選んだ会社はここ!

チラシ印刷通販 HOME » チラシ印刷の用紙別料金比較 » 用途に合わせた印刷用紙やサイズの選び方

用途に合わせた印刷用紙やサイズの選び方

用途に合った用紙・サイズの選び方をご紹介します。

用途に合った用紙の選び方

まず、用紙の種類には、大きく分けて3種類あります。それぞれどのようなチラシに合うのか見ていきましょう。用途に合った用紙・サイズの選び方をご紹介します。

コート紙

紙の表面にツヤのある、ツルツルした用紙。色鮮やかな印刷を得意とします。カラーの再現度が高いので、商品カタログによく使われます。

【相性◎印刷物】
  • ・写真を多く使うもの
  • ・色鮮やかなデザインのもの
  • ・新聞の折り込みチラシ
  • ・告知用ポスター
  • ・商品カタログ

マットコート紙

コート紙よりはツヤが抑えられた、落ち着いた印象の用紙。コート紙よりはカラーの再現度が劣るものの、仕上がりは十分色鮮やかです。光の反射も控えめで、長時間見ていても目が疲れにくく、文字が多いデザインでも活躍します。

【相性◎印刷物】
  • ・会社案内
  • ・新聞の折り込みチラシ
  • ・告知用ポスター
  • ・商品カタログ
  • ・フリーペーパー

 

上質紙

いわゆるコピー用紙です。サラサラとした手触りで、鉛筆やボールペンで書き込みやすいことが特徴。カラーの再現度は低いですが、ツヤがない分、文字は読みやすい用紙です。

【相性◎印刷物】
  • ・文字が多いデザインのもの
  • ・ダイレクトメール
  • ・新聞の折り込みチラシ
  • ・アンケート用紙
  • ・広報誌、会報誌
  • ・フリーペーパー

用途に合ったサイズの選び方

次に、用紙のサイズを選びましょう。伝えたい情報量や業界などによっても変わりますので、目安として参考にしてください。

  • ・A4:ポスティング/フライヤー/パンフレット
  • ・A5:ポスティング/フライヤー/手配り
  • ・A3:パンフレット
  • ・B5:ポスティング/フライヤー/手配り
  • ・B4:ポスティング/新聞の折り込みチラシ

 

【用途別】用紙のサイズ、厚さ、種類リスト

よく見かける印刷物の用紙を一覧化しました。「サイズ/厚さ/用紙の種類」という順で記載するので、参考にしてみてください。

・一般的なチラシ
A4/90kg/コート紙
・ポスティングチラシ
A4/70kg/コート紙
・新聞の折り込みチラシ
B4、B3/53kg、58kg、73kg、90kg/コート紙、マットコート紙
・手渡しのチラシ
B5、B6/70kg/コート紙
・店内告知用ポスター
A2、A3/110kg、130kg/コート紙
・会社案内、パンフレット
A4/110kg、130kg/マットコート紙

 

オプション加工で効果的なチラシに

ただチラシを印刷するだけではなく、オプション加工をすることで、さらなる効果が期待できます。数ある加工の中で、定番かつ効果的なのが、折り加工です。

折り加工とは、チラシを2つ折りや3つ折りなどに折ること。ポスティングチラシによく使われている加工です。ポスティングチラシはA4サイズが一般的ですが、そのままではポストに入れた際、丸まってしまいます。その上から別の郵便物が重なると、クシャクシャになってしまい、読まれることなくゴミ箱に行く可能性が…。

折り加工をしておけば、ポストにきれいに収まる上、たたまれているものは開きたくなる心理から、読まれる可能性が高くなります。

当サイトおすすめの印刷通販

1位

様々な商品に用意されている“激安プラン”が魅力。
スピード対応も可能で、デザイナーや広告会社といったプロユースの期待にしっかりと応えてくれます。

詳細をチェック

2位

この業界のパイオニアで知名度抜群。商品は総じて低価格で新しい商品やアイテムも豊富。
その信頼感から、ひいきにしている業者も多いです。

詳細をチェック

2位

当日発送には対応していないが価格は比較的おさえめ。
大量発注に対応可能で、印刷業者の下請けもしています。

詳細をチェック